2022年12月31日土曜日

2022年最後のフードシェアリング活動報告

12月17日(土)、当日まで雪の心配がありましたがほとんど積もらず、今年最後のフードシェアリングが無事開催となりました。


今回はクリスマス前という事もあり、看護大の学生サポーターもクリスマス仕様でお出迎え。
いつも率先して手伝ってくださる労福協さんより、国民共済コープの方がお2人と、更に体験ボランティアとして新たに3名の方が当日の作業に加わってくださいました!

子供たちに喜ばれそうなご寄付も沢山いただきました!

まずはあいあうの活動を幅広くサポートしてくださっているTPSU新井支部様より、とても可愛いクリスマスカードと食品、そして募金活動で集めてくださった寄付金を沢山いただきました。
クリスマスカードはお子さんへのサプライズに使って頂こうと、小袋に入れてママさんにこっそりとお渡ししました。






にいがた子ども食堂研究会様より、お菓子の詰め合わせセットを。



定期的に東京からご支援くださる、(株)マネジメントジャパンの吉田社長からは、お正月用の切り餅がドドーンと届きました。


妙高お片付けサービス様からは、子供用のクリスマスプレゼントを沢山いただきました。



ファミリーマート&むすびえこども食堂助成で採択をいただきましたので、いただいたQUOカードを使って駄菓子をたくさん購入しました。
12月に開催予定だった食堂でもお配りする予定でしたが、残念ながら中止になってしまいましたのでフードシェアリングの会場でツリーに飾り、好きなお菓子を取ってもらうようにしました。

 


そしてこちらは、可愛いお顔がお見せできずに残念ですが…
新井南小学校の1、2年生が、大切に育ててくれた大根を寄付してくれました。

舟見サポーターと広田サポーターが美味しいたくあん漬けにしてくれました!



いつも多大なるご支援をくださる、(有)嶺村製麺所様からは鴨鍋セットと冷凍おかずの詰め合わせを。




坂田浩実様より、丹精込めて育てた採れたての艶々とした大根を。


願生寺さんより、ママさん達へのクリスマスプレゼントとしてモコモコ靴下と入浴剤を。


 心強い味方のフードバンク上越さんからは、
こんなに沢山の食品を分けていただきました!


また、今回のフードシェアリングにおきましても「むすびえこども食堂基金」と厚労省からの補助金(フードバンクじょうえつ主催フードパントリー妙高会場として)を利用させていただき、寄付品以外の生活用品や食材などを購入しました。
私たちの活動は皆様からのご寄付とこのような助成金によって成り立っています。


お米の寄付もたくさんの方からお申し出いただき、いつもよりたくさんの量をお配りすることが出来ました。


妙高市役所の環境生活課さんからもお米の寄付を届けていただきました。



精米作業は力仕事なのでなかなか大変なのですが、上越地域のろうきんさんが地域貢献活動の一環として毎回のようにお手伝いをしてくださっています。
今回はろうきん直江津支店の支店長さんと職員の方2名で精米作業を買って出てくれました!
女性だと30キロの米袋を持ち上げるのはなかなか難しいので、本当に助かります。


今回のフードシェアリングはあらかじめ皆さんにお配りする食品は箱に入れて準備しておきました。
一部の品物はお好きなものをお選びいただけるスタイルです。


お子さん達へのクリスマスプレゼントも好きなものを選んで貰いました。



写真を撮り忘れてしまったのですが、アイスケーキもお配りしました。

今年のクリスマスはちょうど日曜日だったので、ご家族で楽しく過ごされたでしょうか。


あいあうにもサプライズでサンタさんが来ました!
ダイセル新井労金組合の皆さんが、クリスマスイブに寄付金を届けてくれました。
新年からの活動の資金として、大切に使わせていただきます。

次回のフードシェアリングは、
雪の様子を見ながら1月と2月の2ヶ月で1回の開催予定です。
これから本格的な雪のシーズンを迎える妙高市ですが、除雪の際には怪我をしないよう、そして体調にも気をつけて、また皆さんの元気な笑顔が見れる日を楽しみにしています♪
良いお年をお迎えください。








0 件のコメント:

コメントを投稿

2022年最後のフードシェアリング活動報告

12月17日(土)、当日まで雪の心配がありましたがほとんど積もらず、今年最後のフードシェアリングが無事開催となりました。 今回はクリスマス前という事もあり、看護大の学生サポーターもクリスマス仕様でお出迎え。 いつも率先して手伝ってくださる労福協さんより、国民共済コープの方がお2人...