2020年7月29日水曜日

第4回フードシェアリングは妙高市内のひとり親家庭に!

有線放送さんがたびたび放送してくださっています。
「あいあう食堂のフードシェアリング活動に食品を寄付してください」
  ♡Special Thanks for Mr.Oguri from YusenHousou!!♡

この呼びかけをお聞きになった方からお米などのご寄付がたくさん寄せられてきています。お米、生活必需品、お菓子など多数です。

これまでは食品の配布先を放課後児童クラブさんで募集させて頂いておりました。
しかし、前述のように有線放送さんの呼びかけをお聞きになった方からのご寄付で、食品の量がある程度まとまってきたこともあり、市役所こども教育課さんのご協力を得て市内の「ひとり親家庭」全戸に向けてチラシを配布することになりました。

「食品を届けてほしい」というご家庭には所定の手順で登録をして頂き、不定期ではありますが、食品をお届けするというシステムを作りました。
サポーターが知恵を絞って考えたシステムが利用する方に心地よくまわれば良いのですが・・・初めてのことでまだ不安もございます。

あめ(ろうきん様より寄付)&ひとり親家庭向けチラシ

今年度は一昨年度同様に、新潟県労働金庫新井支店(ろうきん)さんから頂いたスマイルプロジェクトからの寄付金に加え、
一般財団法人新潟ろうきん財団さんからも助成金を頂だいしました。
♡♡♡心より感謝申し上げます♡♡♡
新型コロナウィルスの影響を考慮して、食堂の開催を見送っているあいあう食堂ですが、これらの寄付金を今年度は、フードシェアリングを中心に据えた活動に使わせて頂くことにいたしました。
寄付者様のお気持ちが、本当に必要としているところへ届くよう、私たちも微力ながら努めてまいります!

新潟県労働金庫新井支店 支店長の土肥様みずから寄付品をお運びくださいました。
いつも応援してくださいまして、ありがとうございます<(_ _)>

さて、ろうきんさんからは、お米、あめ、ジュースのご寄付も頂戴しました。
あめは、市役所でチラシとともにお配り頂くことにしました。


ジュースの一部は、NPO法人ゆめきゃんぱすさんのご協力を得て、夏休み中の新井南小学校児童クラブで、子どもたちの喉を潤してもらうことになっています。



市役所でのチラシ配布は8月から始まります。
ますますこの活動を応援して頂けるよう、サポーター一同頑張りますのでよろしくお願いいたします!

7月25日にニュースレター「来てみないや~あいあう食堂Vol.3」を発送させて頂きました。
年に一度ではありますが、日頃の感謝を込めて、寄付者様へお届けしています。
ご笑覧ください。

発送作業をする有志サポーター諸君です。

2020年6月2日火曜日

おいしい笑顔でつながろう!第3回シェアの報告です。

そもそも、あいあう食堂のフードシェアリング活動は食堂のために寄付してくださったお米が余り、これを必要なご家庭へ届けよう、という小さな取り組みから始まったことでした。
昨年末に本格的に始まったばかりのこの活動が、コロナウィルスの影響で集まって食事をすることができない間に「あいあう食堂がやるべきこと」として取り組んだ結果、確実に輪を広げ、寄付者様も受け取られる方も広くなり、欠かすことのできない活動になりつつあることを実感する第3回目のシェアとなりました。


このたびの食品提供者は、フードバンク上越の近藤さん(From:くびき野NPOサポートセンター)からでした。
セブンイレブンさんの賞味期限間近のカップスープやカップ麺、缶詰などをたくさんいただくことになりました。
ありがとうございました<(_ _)>

賞味期限が近いので、とにかく早くお届けせねば!!!とサポーターが急遽集まり、配布先の確認と申込書(チラシ)作り、仕分け作業に奔走し、無事16件のご家庭へお届けすることができました。




この活動の本来の目的は「つながること」であります。





雪深い妙高市で子育てに奮闘するご家庭と、おせっかいさん(サポーターの俗称)たちがつながり、助け合うこと。
サポーターもまた奮闘するママであり、ババであり、悩める若者であり、市民です。
血縁や地縁ではない者どうしがつながることの強み。
コロナ禍で、個々のつながりがいかに強く大切であるかを学んだ私たちです。
お届けできる食品は、育ち盛りの子どもたちのお腹にすぐに消えてしまうかも知れませんが、つながりは残りますし、続きます。
これを忘れることなく、私たちも活動を細くとも長く続けていきたいと思うのです。

そして、心ある寄付者様と、必要とされるご家庭との「つながり」を介していることもFS活動の大切な役割だと感じています。

あいあう食堂では、食品のご寄付を常時受け付けております。
お気軽にお問合せください。

080-3826-9591(代表:ひらいで)





2020年5月15日金曜日

フードシェアリング活動を実施しました!

子どもたちに届け! 地域の思いやり!このたび、妙高市の有限会社嶺村製麺所様のご協力を得てフードシェアリング活動を実施することができました!


児童クラブで受け取られた方々からの感謝の寄せ書きです。



嶺村製麺所の社長さんから「妙高市内の飲食業者さんや旅館が使用する予定だった食材が大量廃棄されますので、有効活用してくれませんか」という連絡を頂いたのは、4月28日。



さっそく実行委員会で協議し、寄付品の一部を5月1日の放課後児童クラブさんで配らせて頂こうということになり、準備を始めました。
4月末にまた廃棄の食品が出るとのことで、月末を経て5月1日の朝から3日間にわたってFS部(フード゙シェアリング部)を中心に、食堂部のメンバーも加わり作業を開始しました。

卵はなんと500個!
生ラーメンは500食!

届いた食品を見た時、これほどたくさんの食品が廃棄されるなんて・・・!と絶句しました。






お届け先は、あいあう食堂が思いを寄せる行政の救済が届きにくいご家庭や、声をあげられないご家庭へ、という思いで届け先を選定させて頂きました。

【お届け先】
・放課後児童クラブ(ゆめきゃんぱすさん運営)
・その他の子育て家庭
・大学生の子ども食堂スタッフ12名

コロナウィルスの影響で、ひとり親家庭に限らずほとんどの子育て家庭が悲鳴を上げています。仕事先の休業により収入が減ったことはもちろん、子どもが自粛生活でストレスを溜めています。そして、保護者も毎日3度の食事作り。そろそろ限界が・・・という児童クラブさんの現場の声も聞きました。
1家庭にお届けできる量はたくさんではありませんが、気晴らしになるかしら・・・心強く思ってくれるかしら・・・という気持ちです。
そして、当時まだ支援が行き届いてなかった大学生へ。
いつも、あいあう食堂で子どもたちと遊んだり、運営を手伝ってくれる上教大の「子ども食堂スタッフサークル」や県立看護大の学生もアルバイトができなくなり大変な思いをしているとのことでした。

そして、特に必要であろうと思われるご家庭には、この日までに寄付して頂いたお米もお届けしました。

【寄付品】
嶺村製麺所様より
●生ラーメン
●乾麺
●玉ねぎ
●卵
これまでに寄付して頂いた
●お米(一部のご家庭12軒のみ)
をお届けしました。




※お米の寄付者様(順不同)
・長谷川稔様
・松岡和子様
・堀川恒一様
・峯村恵様
・酒井岑生様
・寺沢達郎様







緊急事態宣言を受けてしばらくは活動できないとあきらめモードになっておりましたところ、嶺村製麺さんからの要請に突き動かされ、またステイホームの流れの中、リスクを承知でお手伝いに集まってくださったサポーターのおかげで無事実施することができました。

このような事態の中でもお金の寄付、お米の寄付は絶えません。
ご自分も大変なのに、他人を思いやる地域の皆様に心から感謝いたします。

FS部は昨年12月に立ち上がった新しい部署です。
それぞれの思いを胸に活動に参加しています。

廃棄されようとしている食品を必要とされるご家庭に届ける。
その橋渡しをさせて頂いたのが私たちあいあう食堂ですが、社会が助け合っていることを実感し、私たちも地域という大きな家族の一員になれたような気がしました。
お届けした家庭の子どもたちがお米を喜んで運んでくれる姿を見て喜びを感じたり、このご飯を食べて元気になる子どもたちの顔を思い浮かべたりしています。

寄付者様に代わって受け取った方の笑顔をお預かりさせて頂きました。
このことを次の活動に活かしていければと思います。

コロナに悪さをされても、人と人とのつながりだけは失わず、温かい地域の支援を個々にお届けできるよう努めていきたいと思います。

最後になりましたが、寄付者様へ心から感謝をいたします。。。。。

2020年4月29日水曜日

5月以降の開催について

あいあう食堂は、全国一斉の緊急事態宣言を受け、5月以降の食堂の開催を収束まで見送ることにいたしました。
「世代間交流」や「第3の居場所」を目標にかかげ、たくさんの人が集う場となっていたあいあう食堂にとって、最も苦しい状態ではございますが、この危機をみんなで励まし合って乗り越え、また笑顔で再会できる日をサポーター一同楽しみに待ちたいと思います。

なお、妙高市の嶺村製麺所様より食品のご寄付の申し出がありました。
コロナ禍において、飲食業界が大量の食品廃棄を余儀なくされ、あいあう食堂で役立ててくださいと言って頂き寄付してくださいました。
感謝感激!!!<m(__)m>
これらは、あいあう食堂のフードシェアリング活動として、「休校中の子育て家庭への支援」という目的に一時的に方針を切り替え、責任をもって必要なご家庭にお届けしたいと考えています。
この度も、NPO法人ゆめきゃんぱすさんとタッグを組んで、放課後児童クラブを通じてお届けする予定です。

活動の様子はまた当ブログにてご報告させて頂きます。

妙高市民!コロナに負けずがんばろう!

2020年4月7日火曜日

「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援活動助成事業」に採択されました

先日実施した「あいあう食堂のお弁当」はこのたび、赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援活動助成事業」に採択されました。

活動の様子はこちらを御覧ください。
https://aiausyokudou.blogspot.com/2020/03/blog-post.html

「今回の助成事業は、この取り組みに共感してくださった個人・企 業の皆さまの思いが託された寄付金を原資にしています。」とのことです。あいあう食堂としても初めての助成金を受けての新たな取組みということで今できることをやろうという思い・願いを支えてくれる存在は心強く感じました。

当初1000万円の予定が2628万円まで増額しての助成が決定した背景には、誰も経験したことがない未曾有の事態があります。どうなるかわからないのは不安です。でもそんなときに私達の活動が独りじゃないと思えるようなメッセージになれればよいなと願っています。

改めて今回のお弁当に食材を寄付してくださった皆様、サポーターの皆様、助成金申請を採択してくださった赤い羽根共同募金様に感謝申し上げます。

2020年4月1日水曜日

【4月の開催延期のお知らせ】

4月10日に予定しておりましたあいあう食堂は感染症が流行している状況を踏まえて開催を見送ることといたしました。申し訳ございません。
通常の活動が難しい状況が続いておりますが、あいあう食堂として今できることを見つけていきたいと思います。
今後の予定(5/8、6/5)につきましても今後の情勢を見ての判断となります。よろしくお願いいたします。

2020年3月27日金曜日

あいあう食堂のお弁当

3月25日(水)と27日(金)に、休校中の子ども達の気晴らしと保護者の家事負担軽減を目的とした「お弁当配布」を行いました。




通常開催時は、学校や保育園のご協力を得てチラシを配布するのですが、今回は広く周知することができず、あいあう食堂に参加したことのある一部の方に直接連絡させて頂くという方法しかありませんでした。
また、配食はサポーターにとっても初めての経験で、お届けできる数量も限られていましたが、お申し込み頂いたご家庭には、お断りすることなくお届けすることができました。

【3/25の利用者数】
10世帯
(配達軒数3軒)
33食
(子ども21食/大人12食)




【3/27の利用者数】
12世帯
(配達軒数5軒)
40食
(子ども25食/大人15食)



多くの食材をご寄付頂いたおかげで、とても豪華なお弁当になりました。
今回特にお弁当用に食材を寄付して頂いた業者様は、嶺村製麺所様、あるるん畑様、あるるんの海様、堀川恒一様です。
誠にありがとうございました!





肉まんは、子ども用のおやつとして27日にお配りしました。


25日のメニューは
天ぷら(かぼちゃ、ちくわ磯部揚げ、赤ウィンナー)、コロッケ、
切り干し大根、ポテトサラダ、鮭の塩焼き、まぐろの味噌煮



27日のメニューは
鳥の唐揚げ(またはコロッケ)、豆腐の落とし揚げ、
玉子焼き、ほうれん草のバターソテー、五目豆、鮭の塩焼き






寄付頂いた食材を有効に使えるよう、おばちゃん達が一生懸命メニューを考え、試作したりして本番にのぞみました。

お申し込み頂いた保護者さん達からは、
「連絡とてもうれしかったです。あいあう食堂大好き!」
「感謝いたします!」
「気分が明るくなりました!」
「2回分、食事の用意をしなくていいことがありがたい」
などのお声を頂きました。

お味の方は???
「とても美味しかったです!」
「切り干し大根絶品!」
「いつもありがとう」
「子どもが楽しみにしていました」
などのご感想を頂きました。


新型コロナウィルス感染拡大中ともいえるなか、この企画を実施するか否かでサポーター一同とても悩み、協議を重ねてまいりましたが、
「やってよかったね!」
というのが、みんなの声でした。

4月10日の開催も危ぶまれるところではありますが、あいあう食堂がいまできることは何か・・・をしっかりと考えながら、地域の方々のお話を聞き、ご理解とご協力をして頂きつつ、また次の手を考えたいと思います。









2020年2月25日火曜日

【3月開催中止のおしらせ】

あいあう食堂は新型コロナウイルスなどの感染症が流行している現状を鑑みて3月の開催を中止することと致しました。
4月以降についても流行の状況を見て開催の可否を決定し、FB、ブログにてお知らせします。

2019年12月19日木曜日

あいあう食堂のフードシェアリング

11月から準備を進めておりました「フードシェアリング」の活動が始動しました。


毎年あいあう食堂には、「子ども達のために使ってください」と、
たくさんのお米の寄付が届けられます。
しかしながら、余ってしまうことがあり、
そのお米をどのように活用するべきかと思案しておりました。

そこで、残ったお米を妙高市内の子育て家庭のお宅へ直接お届けしようと考え、
『あいあう食堂フードシェアリング部』
を発足いたしました。
余ったお米だけではなく、今後は食堂開催日にフードドライブを設置し、そこに投げ入れて頂いたドライフード等の食品も一緒にお届けできればと考えています。


この新たな活動に関しましては、
妙高市の
子育て支援 NPO法人ゆめきゃんぱす 様
妙高市こども教育課 様
の全面協力を頂いております。


今回は特に、4つの放課後児童クラブで希望者を募って頂きましたところ、
予想を上回る数のお申し込みを頂きました。

昨日、平成30年、令和元年に頂いたお米の残りとお餅、ドライフードを
各家庭用に10㎏ずつ袋詰めし、お届けさせて頂きました。



クリスマス、お正月までにお届けしたい!という思いで急ぎ足で11月から準備を始めましたが、お届けした後、思いがけず
「お米を頂けるなんて」
などの御礼のお電話を頂だいし生のお声を聞くことができました。
ますますやる気が出ました(*^^*)

南部地域の居場所をつくろう!といって始まった
「あいあう食堂」は活動3年目に入り、月に一度の開催で感じている現場サポーターの思いを、~新しい風~としてこのような形で始めさせて頂くことになります。

今後とも変わらぬ厚いご理解とご支援を賜りますよう、心よりお願いいたします。

あいあう食堂では、
ご寄付をお待ちしております。

●お米(玄米で頂けますと助かります)
●調味料 ●レトルト食品 ●缶詰 ●お菓子 ●カップラーメン
●お茶 ●コーヒー etc……
(保管場所の都合により、賞味期限の長いものに限らせて頂いております)






★食品寄付者様★
長田和弘 様
清水昭 様
真宗大谷派願樂寺 様
真宗大谷派願生寺 様

まことにありがとうございました!☆彡





♡ありがとう♡
餅をついて、伸してくれた地域や檀家のおばちゃんたち



2019年12月15日日曜日

第23回開催報告

12月6日に今年最後のあいあう食堂が開催されました。
初雪の日で願生寺周辺はうっすらと白くなりました。
今回のメニューは
・ハヤシライス
・サラダ
・フルーツポンチ
でした。

ツリーが子どもたちを出迎えます
ツリーの飾り付け

【今回の寄付食材の紹介】


内田洋一様よりフルーツ缶詰とりんごのご寄付をいただきました。デザートのフルーツポンチの材料として使わせてもらいました。
今回のメニュー

みんなで一緒にいただきます。みんなサンタ仕様です。ここまではいつもどおり。
でも、今回はサプライズが、、、




あっ!サンタさんだ!!
サンタさんはみんなにビンゴカードを届けてくれました。

ビンゴ大会スタート!



       


みんなに景品が行き渡りました。みんな早速開けて中身を確認。開けるまで男の子用か女の子用かわからないのでトレード有りです。




最後にツリーのお飾りを一個づつお持ち帰り。実は中にお菓子が入っています。





今回のあいあう食堂は、未就学児から小学生、中学生、高校、大学生そして大人も20代から70代80代まで本当に幅広い世代の人で集まって一緒にビンゴを楽しみました。
上の一枚はいろんな世代が集まって楽しんでいる様子を象徴している一枚かとおもいます。
来年もこういうあいあう食堂にしていきたい、そんな雰囲気が感じられた一日でした。
雪が多い1月2月はお休みですが、ひきつづきあいあう食堂をみなさんよろしくお願いいたします。

3月の予定は冬期の会議にて決定されるのでまだ未定ですが、回覧、チラシ、Facebook、当ブログなどの方法で申し込み開始のお知らせをします。ぜひ時々チェックしください。

それではまた来年。

















2019年11月24日日曜日

第22回開催報告

11月8日(金)あいあう食堂が開催されました。
月初めに「おたや」のある11月は、2週目の開催となりました。

メニューは
●栗おこわ
●豆腐ハンバーグ
●ポテトサラダ
●お味噌汁




栗おこわは事前に調理部さんが試作をして、試食をして味付けを決めました。
今回は、上越地域振興局さんから先月もらった上越産の栗を、支援者のおばあちゃん達が丁寧に剥いて冷凍しておいたものを使いました。
大きくて良い栗です。
オイスターソースとごま油を使って、中華ちまきの中に入っているようなご飯の味付けです。喉を通りやすく、子どもウケのする味付けだったと思います。


そのほかに、調理し切れなかったじゃがいも、なますかぼちゃ、坊ちゃんかぼちゃなどは、参加さんにご自由にお持ち帰り頂きました。

【Thanks!】小原新田の濁川せいしん様


甘いみかんも差し入れでした。
【Thanks!】柿崎の渡辺信行様



今回は学生のサポーターさんが多くお手伝いに来てくださいました。
上越教育大学こども食堂スタッフサークルさん
県立看護大学さん
新井高校社会科クラブさん
いつもありがとうございます!
開場直前に持ち場確認の打ち合わせをします。
さぁ!受付開始です!

午後5時ごろ、子どもたちがやってきました。
新しい遊具が本堂に。「スラックライン」というバランスのスポーツです。


サポーターがしっかりと遊びの見守りをします。
ケガのないように気を付けて。


空気が乾燥するこの時期、一番の懸念事項は「インフルエンザ」等の感染症予防です。
あいあう食堂では、自主的に衛生管理をしています。
参加者の手洗い徹底と、入室前の消毒です。


消毒が終わると、「中に入っていいよ♪」というわけです。


午後6時には「いただきます」をします。
事務局長のコッシ―が「いただきます。してくれる人??」と言うとこれだけのちびっこが前に出てきてくれます。








からっぽになったお皿を自慢げに見せてくれます。

お友達に負けまいとお皿を空にします。

女の子の方がよく食べる傾向が・・・😊







こちらも一丁上がり~!


学校とは違った表情があるのかな?





いろんなお仕事をしている人、いろんな年齢の人と一緒に食卓を囲みます。



「ごちそうさま」は小学生。
もう見なくてもきっと言えます。

~食後のことば~
われ今 この浄き食を終わりて 心ゆたかに 力身に満つ
(真宗大谷派より)
※ 保護者の方の希望により使用しています。



女子は勉強熱心です。



終了は午後8時。7時45分から片づけの合図の音楽が流れて午後8時には皆さん帰路につきますが、この日はたくさんの学生サポーターさん達に子どもたちがなかなか離れなくて、8時を過ぎてもまったりとした時間がしばらくありました。
たまには「まだ帰りたくない・・・」こんな日があってもいいね!


あいあう食堂では、終了後にサポーターの反省会を必ずしています。
●ケガをした子はいなかったか
●気づいたことはないか
●今日のメニューの反応はどうか
●各部署の困りごと
●初参加さんの感想



改善できる点はできるだけ次回までにやる。
みなさんが安心して参加できる場所であり続けるため、これからも続けて参りたいと思います。

さてさて!
次回は12月6日(金)!クリスマス会をします。
食事の後、ビンゴゲームをしたり、参加者にはサンタさんからプレゼントがもらえるかも。
初めての方も、この機会にぜひご参加ください😊

申込み開始は、明日11月25日(月)からです。













第4回フードシェアリングは妙高市内のひとり親家庭に!

有線放送さんがたびたび放送してくださっています。 「あいあう食堂のフードシェアリング活動に食品を寄付してください」   ♡Special Thanks for Mr.Oguri from YusenHousou!!♡ この呼びかけをお聞きになった方からお米などのご寄付...